世界第二位の長寿国「オーストラリア」

2016/06/01 21:33
オーストラリアは世界で第二位の長寿国となっています。 WHO世界保健統計によると同国の平均寿命は男性80歳、女性85歳で平均83歳です。 (2013年時点)。 高齢化率に関しては2007年の段階で13%。 将来は高齢化社会になることが見込まれています。 オーストラリア人は高齢者となっても積極的に様々な活動をしています。 オーストラリアには介護保険制度がなく、 高齢者福祉はすべて基礎税でまかなわれています。 また食料自給率に恵まれており、高齢化のペースは..

続きを読む

福祉対策のモデル国「デンマーク」

2016/06/01 21:03
世界一幸せな国といわれるデンマーク。 消費税は一律25%、所得税は約50%、国民の租税負担率は70%。 税金が高負担である代わりに医療費、大学卒業までの教育費、出産費、 介護福祉費などは基本的に無料です。 こうした世界でもデンマークの人々はトップレベルである福祉サービスを 受けられることに誇りを持っていて、高い税負担に反対する声はあまり 上がらないようです。 そのデンマークでも高齢化率は15%を超えていて、今後もその割合は 高まっていくと予想されています。..

続きを読む

スウェーデンの福祉施策

2016/06/01 07:19
福祉の充実がいわれる北欧スウェーデン。 同国は早くから高齢者福祉のための政策を実行。 介護への対策について国が積極的に関わっています。 特に地方自治体では、コミューンの役割が大きくなっています。 これは日本の市町村に該当する基礎的自治体です。 基本的に高齢者へのサービスやヘルスケアはコミューンが責任を持っています。 自治体が直接高齢者のケアや介護を実行することでこれからも進むと思われる 高齢化社会に柔軟に対応できるよう体制をとっています。 スウェーデン..

続きを読む

もっと見る