ドイツは介護士の待遇を改善

2016/06/04 09:54
ドイツは高齢化が進んでいるため介護を必要とする人の数が多くなっています。 介護士の数は約90万人程度といわれ、そのうち7割が施設で働き、3割が在宅ケアの仕事をしています。 このペースで高齢化が進行すると、介護士の数が足りないと予測されています。 介護職で働いている人は女性が多く、給与がそれほど高くないのであまり人気のある仕事ではありません。 この部分を改善しないとこれから先の高齢化社会に対応できないとされています。 ドイツには介護保険があります。15歳以上の..

続きを読む

もっと見る