福祉対策のモデル国「デンマーク」

世界一幸せな国といわれるデンマーク。
消費税は一律25%、所得税は約50%、国民の租税負担率は70%。
税金が高負担である代わりに医療費、大学卒業までの教育費、出産費、
介護福祉費などは基本的に無料です。

こうした世界でもデンマークの人々はトップレベルである福祉サービスを
受けられることに誇りを持っていて、高い税負担に反対する声はあまり
上がらないようです。
そのデンマークでも高齢化率は15%を超えていて、今後もその割合は
高まっていくと予想されています。

デンマークには早期退職手当制度があり、そのため60歳から65歳
までの就業率が低くなっています。
しかし、これからは年金の受給年齢を引き上げることが計画されており、
高齢者でも労働者として長く仕事を続けて行くことができる社会を目指しています。

同時にデンマークでは老人ホームを失くす方向で制度改革が実施されていて
今後は在宅ケアを重視する方向に進めていくようです。
今までのように生活全般にわたってスタッフがすべて面倒をみてくれるという
スタイルではなく、例えば、食事の時には自分でお皿を並べるなど自発的な行動を促しています。

自宅で介護を受けている人に対するサービスが充実しているのも特徴の一つ。
デンマークは病院で死ぬ人の割合が2割以下であり、多くの高齢者が自宅で
人生の最後を迎えています。
それを実現するために様々なサービスを利用できるので、
老後の暮らしを自宅で安心して送ることができるようになっているのです。

このようにデンマークは高齢者福祉が非常に発達していて
高齢者の暮らしやすい環境が実現されています。
そのため高齢化の問題があまり話題にのぼらず
むしろ高齢化対策のモデル国としてみられているのです。

スウェーデンの福祉施策

福祉の充実がいわれる北欧スウェーデン。
同国は早くから高齢者福祉のための政策を実行。
介護への対策について国が積極的に関わっています。
特に地方自治体では、コミューンの役割が大きくなっています。
これは日本の市町村に該当する基礎的自治体です。

基本的に高齢者へのサービスやヘルスケアはコミューンが責任を持っています。
自治体が直接高齢者のケアや介護を実行することでこれからも進むと思われる
高齢化社会に柔軟に対応できるよう体制をとっています。

スウェーデンでは在宅介護が主流です。今まで住んでいたコミュニティを離れることなく
高齢者が安心して介護サービスを受けられるような環境が整っています。
訪問ケアサービスが充実していて、自宅で今まで通りの生活を送ることができます。

また作業療法や理学療法により、自立した生活を送れるようなサポートも行われています。
長く高齢者が自宅に在留できるように在宅ケアを国が支えているのです。
その結果、スウェーデンでは施設で暮らしている高齢者の割合は非常に少なくなっています。

コミューンが提供するホームヘルプサービスは、家事の援助、身体介護、看護処置などです。
スウェーデンの高齢者の中でかなりの人がホームヘルプサービスを受けていて、
自宅での快適な生活を実現しています。

ホームヘルパーとして働いている人の数も多くなっています。
訪問看護や在宅医療も充実していて、24時間対応です。
これらは地方自治体が管理していて費用も捻出しています。
また住宅内を高齢者が暮らしやすくするための住宅改造資金手当が支給されます。

日本と同様にデイケアセンターが存在していて、
そこでは少しでも自宅で長く暮らしていけるための介護サービスが施されています。
デイケアセンターに通うための交通サービスが用意されていてスムーズな移動が可能です。

このように高齢者の介護のための様々なサービスを国や地方自治体が行っています。
多くの費用がかけられ、併せて多くの人が関わっているのです。
posted by 涼 at 07:19Comment(0)日記

介護は世界的な課題

日本は世界でもトップクラスの長寿国。
2014年の平均寿命は女性86.83歳、男性80.50歳で、
ともに過去最高を更新しました。

女性は3年連続世界一、男性は前年の4位から3位になりました。
これは現代の医療が非常に発達しているからで、
今後も医療技術が進展していけば更なる更新が期待できます。

多少の病気であれば高齢者であっても完治できます。
ただ完治できずに身体や脳に障害が残った場合には老若男女
問わず、介護が必要になってきます。

日本ではここ数十年の間に介護を受ける人の数が増えています。
社会的にも介護について考えることが多くなり、真剣に取り組む
例が多くなってきています。

今後もますます高齢化が進めば自分の家族が介護が必要となる
ことを考えていかなければなりません。また自分自身が介護を
受ける立場になることも考えられます。

そのため介護についてきちんと理解をして何らかの形で介護に
かかわっていかなければならないでしょう。

介護については日本だけの問題ではなく、世界的な課題で各国で
真剣に考えられています。世界中のあらゆる介護問題、その解決策、
また国々の介護施策を知ることができれば解決の第一歩を踏み出す
ことができるでしょう。
posted by 涼 at 06:53Comment(0)日記