スウェーデンの福祉施策

福祉の充実がいわれる北欧スウェーデン。
同国は早くから高齢者福祉のための政策を実行。
介護への対策について国が積極的に関わっています。
特に地方自治体では、コミューンの役割が大きくなっています。
これは日本の市町村に該当する基礎的自治体です。

基本的に高齢者へのサービスやヘルスケアはコミューンが責任を持っています。
自治体が直接高齢者のケアや介護を実行することでこれからも進むと思われる
高齢化社会に柔軟に対応できるよう体制をとっています。

スウェーデンでは在宅介護が主流です。今まで住んでいたコミュニティを離れることなく
高齢者が安心して介護サービスを受けられるような環境が整っています。
訪問ケアサービスが充実していて、自宅で今まで通りの生活を送ることができます。

また作業療法や理学療法により、自立した生活を送れるようなサポートも行われています。
長く高齢者が自宅に在留できるように在宅ケアを国が支えているのです。
その結果、スウェーデンでは施設で暮らしている高齢者の割合は非常に少なくなっています。

コミューンが提供するホームヘルプサービスは、家事の援助、身体介護、看護処置などです。
スウェーデンの高齢者の中でかなりの人がホームヘルプサービスを受けていて、
自宅での快適な生活を実現しています。

ホームヘルパーとして働いている人の数も多くなっています。
訪問看護や在宅医療も充実していて、24時間対応です。
これらは地方自治体が管理していて費用も捻出しています。
また住宅内を高齢者が暮らしやすくするための住宅改造資金手当が支給されます。

日本と同様にデイケアセンターが存在していて、
そこでは少しでも自宅で長く暮らしていけるための介護サービスが施されています。
デイケアセンターに通うための交通サービスが用意されていてスムーズな移動が可能です。

このように高齢者の介護のための様々なサービスを国や地方自治体が行っています。
多くの費用がかけられ、併せて多くの人が関わっているのです。
posted by 涼 at 07:19Comment(0)日記

介護は世界的な課題

日本は世界でもトップクラスの長寿国。
2014年の平均寿命は女性86.83歳、男性80.50歳で、
ともに過去最高を更新しました。

女性は3年連続世界一、男性は前年の4位から3位になりました。
これは現代の医療が非常に発達しているからで、
今後も医療技術が進展していけば更なる更新が期待できます。

多少の病気であれば高齢者であっても完治できます。
ただ完治できずに身体や脳に障害が残った場合には老若男女
問わず、介護が必要になってきます。

日本ではここ数十年の間に介護を受ける人の数が増えています。
社会的にも介護について考えることが多くなり、真剣に取り組む
例が多くなってきています。

今後もますます高齢化が進めば自分の家族が介護が必要となる
ことを考えていかなければなりません。また自分自身が介護を
受ける立場になることも考えられます。

そのため介護についてきちんと理解をして何らかの形で介護に
かかわっていかなければならないでしょう。

介護については日本だけの問題ではなく、世界的な課題で各国で
真剣に考えられています。世界中のあらゆる介護問題、その解決策、
また国々の介護施策を知ることができれば解決の第一歩を踏み出す
ことができるでしょう。
posted by 涼 at 06:53Comment(0)日記

介護離職者ゼロに向けて!!

昨年9月、日本政府は「1億総活躍社会」に向けた「介護離職ゼロ」を掲げました。
年間約10万人ともいわれる介護離職者。
親の介護を理由に仕事を辞める人は年々増え続けています。

国の発表によると、
仕事を続けながら介護をしている人は約300万人。
多種多様な介護サービスが生まれ、これからも登場してくると
思われるのに「仕事との両立は難しい」と考えて介護離職する
人が後を絶たないのはどうしてなんでしょう。

最近は、出産や育児に関してはオープンな職場が増えているようです。
女性社員に限らず、出産した妻を持つ男性社員が積極的に育児休暇をとり、
その職場がメディアなどで取り上げられ、注目を集めています。
介護についても出産や育児と同じくらいにオープンに話ができる職場が
もっと増えていけば介護の世界も変わってくるのではないでしょうか。

ただ、介護は出産や育児と違って湿っぽい話題になりがちです。
また会社で働いている人が介護を行うために早く帰ることを申し出ると、
降格させられるケースがあるそうです。
そんな湿っぽい話題でも臆することなくオープンに話すことができる雰囲気、
さらに介護に前向きに取り組める環境づくりが必要なんだろうと思います。
posted by 涼 at 06:22Comment(0)日記