世界第二位の長寿国「オーストラリア」

オーストラリアは世界で第二位の長寿国となっています。
WHO世界保健統計によると同国の平均寿命は男性80歳、女性85歳で平均83歳です。
(2013年時点)。

高齢化率に関しては2007年の段階で13%。
将来は高齢化社会になることが見込まれています。
オーストラリア人は高齢者となっても積極的に様々な活動をしています。

オーストラリアには介護保険制度がなく、
高齢者福祉はすべて基礎税でまかなわれています。
また食料自給率に恵まれており、高齢化のペースは緩いにも関わらず
政府は積極的に対策を進めています。

国民皆年金と国民皆保険が実現していますが、これらはすべて税金が財源となっています。
病院に行けば無料での受診が可能で、年金を必ずもらうことができる体制が整っています。
このような制度を実現するために所得税の負担が大きくなっていますが
国民は納得しているようです。

高齢者福祉に関しては、在宅支援と施設での介護が行われています。
高齢者を病院から介護施設でのケアや在宅ケアへスムーズに移行させる施策を効率的に
推進しています

同国では、まだ高齢化の問題が顕在化されていない頃から積極的に改革を実行しているため
将来的に見ても高齢化のペースが早くなると予測される中でも対応できるとみられています。

この記事へのコメント