介護は世界的な課題

日本は世界でもトップクラスの長寿国。
2014年の平均寿命は女性86.83歳、男性80.50歳で、
ともに過去最高を更新しました。

女性は3年連続世界一、男性は前年の4位から3位になりました。
これは現代の医療が非常に発達しているからで、
今後も医療技術が進展していけば更なる更新が期待できます。

多少の病気であれば高齢者であっても完治できます。
ただ完治できずに身体や脳に障害が残った場合には老若男女
問わず、介護が必要になってきます。

日本ではここ数十年の間に介護を受ける人の数が増えています。
社会的にも介護について考えることが多くなり、真剣に取り組む
例が多くなってきています。

今後もますます高齢化が進めば自分の家族が介護が必要となる
ことを考えていかなければなりません。また自分自身が介護を
受ける立場になることも考えられます。

そのため介護についてきちんと理解をして何らかの形で介護に
かかわっていかなければならないでしょう。

介護については日本だけの問題ではなく、世界的な課題で各国で
真剣に考えられています。世界中のあらゆる介護問題、その解決策、
また国々の介護施策を知ることができれば解決の第一歩を踏み出す
ことができるでしょう。

この記事へのコメント